企業内のシステム

企業という、経済活動を行って利益を上げて業績を伸ばしている存在には、その目的を充分な形で果たすために必要なさまざまなシステムが内包されています。
それぞれのシステムを上手く運用してゆくことで、効率的に、あげるべき利益を上げることが出来るようになるという仕組みになっています。

たとえば、ここではグループウェアやワークフローといったことを取り上げていくことになります。グループウェアやワークフローといった事柄に関するさまざまなシステムが、存在しているということです。
現代のビジネス社会では、それらのシステムはコンピュータ・システムということになっています。
たとえば、グループウェアというのは簡単に表現すれば「グループ仕事を系統立てて効率化するためのもの」ですが、それを実現するにはスケジュール管理などの細かな管理が必要になってきます。
このときには、グループウェアを充実させるためのスケジュール管理システムというものが必要になってくる、というわけです。

スケジュール管理システムなどは、システム開発を行う業者に提供されたサービスによって賄われている場合が多いということが言えます。
ワークフローも同じこと。ワークフローというのは、特に専門的な知識や技術の欠かせないものです。その専門的な知識や技術を組み込んだシステムというものが存在しているというわけです。

スケジュール管理を始めとしたさまざまなシステムは、交互に関係し合いながら存在している、ということも言えます。このことは、後に詳しく述べていくことになります。

関連リンク

ワークフロー導入で仕事を効率よくしましょう;J-MOTTO
文書管理に関して|ダイキンCOMTEC
電子給与明細を活用してペーパーレス化を実現できます。:与之助ver.2

コメントは停止中です。

  • カテゴリー

    • カテゴリーなし
  • アーカイブ

  • 2014年11月
         
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930